2019年3月4日月曜日

卒園おめでとう会を開催しました

2月20日ノアホールに年長の子どもたちと先生たちに集まっていただき、「卒園おめでとう会」を行いました。
年長保護者のメンバーで曲を相談し、年中年少や卒園児のメンバーにも多く参加していていただき練習や小道具の準備をしてきました。

今年は、年長の子どもたちが年少のときに運動会で踊った曲「おひさまになりたい」を歌うことに決まり、子どもたちの様子を思い出しながら踊りの練習もしました。


そして卒園する子どもたちに歌のプレゼントとして「旅立ちの日に」と、思い出の曲「にじ」を歌いました。

リハーサルのときから泣いてしまうメンバーがいたり、入場する様子をみて泣いてしまうメンバーも。
いままでの園生活を思い出すような歌詞が多く、年長保護者にとっては嬉しさ寂しさなど様々な思いがあふれる会となりました。

子どもたちは、一緒に歌ったり、静かに聞いてくれたり、一緒に踊ってくれたり。
卒園のプレゼントとして練習を重ねてきましたが、子どもたちと共に楽しい時間を過ごすことができ、私たちもプレゼントをもらったように思います。


すまいる 田中

保護者クリスマス会に参加しました

こんにちは。

2018年12月1日(土)の保護者クリスマス会で、保護者の皆さまに賛美歌「さやかに星はきらめき」を聴いていただきました。

礼拝の中で、保護者の皆さまの前で歌うことは、園児向け発表会とはとても違う雰囲気となるため、本番までは「緊張する…」と互いに話していましたが、昨年から歌ってきた曲でしたので無事に歌うことができました。


今年の保護者クリスマス会当日は、近隣の小学校行事と重なってしまったため参加メンバーが少なく、また当日思わぬハプニングもあり、緊張と焦りの中で歌が始まりましたが、途中でハプニングに気が付いたメンバーに助けられ、温かい気持ちで本番を終えることができました。


指導していただいている先生からは、「焦りは見えず、とてもすてきな歌声でしたよ」と褒めていただき、繰り返し練習してきた成果なのだろうと感じました。

冬は親子ともに体調管理が難しい季節ですが、あと2回発表の機会があります。
子どもたちのために、新しい歌を含めた練習をみんなで笑顔で頑張りましょう!



すまいる 田中

2019年1月31日木曜日

全園児向け発表会を開催しました!

2018年11月21日(水曜日)、すまいるによる発表会が開催され、乳児部、幼児部、そして先生方に、すまいるの歌声を聴いて頂くことが出来ました。

今年の勝負曲は♪『I will follow him』。映画『天使にラブソングを』の中で主人公達が披露するゴスペル曲です。

ソプラノ、メゾソプラノ、アルトの3声に加えてソロの部分もあり、更にステップやクラップも加わる、とても華やかな曲です。
肱岡先生からは、「ハッピーな雰囲気」を前面に出せるととても良い仕上がりになるとアドバイスを頂き、皆歌声だけでなく、笑顔や振り付けでも「ハッピーな感じ♪」の表現に磨きをかけました!




この発表会では、子どもたちに「お母さんたちとっても楽しそう!」、「歌うことって楽しい!」と感じてもらう事が目標です。この事が子どもたちに伝わるか、不安もありましたが、当日の子どもたちの笑顔や、ノアホールの熱気から、「大成功!」を確信したママが続出!(笑)
子どもたちの前で歌ううちに、自然とハッピーな気持ちになり、演技ではなく本当の幸福感に包まれた瞬間でした。
ピアノの音と楽しい歌声を聴いた子どもたちが、どんどん音楽好きになってもらえると嬉しいです。





















この日は、ゴスペルの他に、すまいるの持ち歌になりつつある『さんぽ』、『小さな世界』を歌い、子どもたちのニコニコ笑顔を見ることができて、母達も嬉し涙のあふれる素敵な時間を過ごすことができました。すまいるメンバーの皆様、お疲れ様でした!引き続き、今年度の活動を頑張っていきましょう!

すまいる 梅村
  



  

2019年1月30日水曜日

収穫感謝礼拝に参加しました

みなさま、こんにちは。
2018年11月10日(土)、すまいるとしてはじめて、こども達の礼拝に参加させて頂き、賛美歌を歌う機会を頂きました。この日に向けて練習を重ねた「アーメンハレルヤ」は、こども達と声を合わせ、明るく朗らかに歌うことができました。



また、「ガリラヤの風かおる丘で」は、すまいるによる2声コーラスを披露し、こども達に歌声によるメッセージを届けることができたのではないかと思います。




今年度初の発表の場で、かつ、お礼拝という厳かな空気の中、多くのすまいるメンバーが、心に残る感動の時間をもつことができました。このような機会を与えて下さった事に感謝したいと思います。
そして、このお礼拝を皮切りに、今年度のすまいるの活動が、無事に成功しますように!
                                  すまいる 梅村



                                          



2019年1月16日水曜日

2018年度すまいる

今年で3年目を迎えたすまいるは、89名の在園児、卒園児保護者、
ご指導には創設以来お世話になっている肱岡龍耶先生にお越しいただき活動をスタートいたしました。


日々の練習は、歌声とともに笑い声が溢れる楽しい雰囲気の中、 
時には真剣に本番に向けて皆で協力し合いながら今年も活動をしています。

2学期は「収穫感謝礼拝」「全園児向け発表会」「保護者クリスマス会」に参加をさせていただきました。

本番では、笑顔いっぱいの元気な子どもたちと一緒に歌を奏でとても幸せな気持ちになり、
私たち保護者も笑顔と嬉しい涙ありの心に残るとても良い経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

次回は2学期の本番のご報告をさせていただきます♪             


すまいる 小林

2018年3月2日金曜日

卒園おめでとうの会

2月22日ノアホールにて本年度最後のすまいるの発表会「卒園おめでとうの会」を行いました。
主に年長の保護者を中心として、曲決めや小道具などを準備しました。
ノアホールには年長の子どもたちと先生たちに集まってもらいました。

「勇気100%」「ありがとうの花」「さんぽ」「にじ」の4曲を歌いました。
それぞれの曲は、運動会やキャンプ、園生活など思い出の曲でした。






園児たちが入場すると同時に泣いてしまうメンバーもいましたが、
色々な想いをのせて最後まで歌うことができました。

今回はなんと2回もアンコールをもらってしまい、またまた驚きの連続でしたが
涙でいっぱいになっているメンバーも楽しく終わることができるように、子どもたちにも立ってもらい、
振付をして、全員で大合唱をしました。




ステップや振付、本番ぶっつけのテープ、手話など盛りだくさんの曲でしたが、
どれも素晴らしい出来だったと思います。
そして、何より卒園前にこのような思い出が作れたことが、なによりものプレゼント!と思えた会になりました。

2018年2月8日木曜日

本年度最後の練習

2月7日(水)今日は2週間後の本番前の最後の練習日です。
年末に年長メンバーで話し合いをして、曲を決めて少し小道具も準備をしました。
準備や練習時間が短いため、これで本番をむかえられるかという不安もありました。
そこで、肱岡先生に時間をつくってもらい、最後のレッスンをお願いしました。



肱岡先生はとても優しく、たくさん褒めてくれます。常に、私たちが楽しく歌えるように、聴いている人も一緒に楽しくなるようにということを考えて色々なアドバイス をしてくれます。今日の練習も、先生に指導して頂き、楽しくのって歌えるようにとステップなども追加してもらいました。もちろん、音楽的な指導もです。



練習の最後に、すべて歌い、先生に「とてもいいかんじですよ。きっと本番もうまくいきますよ」と言ってもらえると嬉しいです。
やはり、先生のレッスンは楽しいです♪
また、来年度も新しいメンバーになりますが、肱岡先生、これからもすまいるをよろしくお願いします。

2月21日(水)が本番となります。
インフルエンザがとても流行っているので、メンバーのみんなが元気に参加できるよう祈り、私も頑張ります!
また楽しい思い出が1つ増えることを楽しみに・・・♪

すまいる 土井 友佳